フィリピンといえばセブ島!次のお休みはここで決まり!?

皆さんはセブ島と聞いたらどんなことをイメージしますか?南国のリゾートをイメージする方も多いかもしれませんね。

私たちがイメージする「南国リゾート・セブ」は空港のあるマクタン島という島に存在しています。マクタン島のビーチ沿いには高級ホテルからお手頃なホテルまであるので選び放題!セブ島は日本から約5時間と行きやすい距離にあり、白い砂浜と綺麗な青い海で極上のバカンスに酔いしれられる上に、マクタン島から橋を渡ると都会的なシティも楽しめちゃうんです。

欲張りに楽しみたい。そんなあなたにピッタリなセブ島。次のお休みはここで決まり!

人生初セブ島!あれ!?セブは思ったよりも都会だった

今回は大韓航空にてフィリピン・セブ島に向かいます。お正月明けだったためかビジネスクラスに空きがあり利用しました。

足元も広くシートもほぼフラットになり快適そのものです。スマホの充電もばっちり。これは助かりました。

ソウル・仁川空港で乗り継ぎセブ・マクタン空港へ!空港到着から南国の暖かい空気が充満していてそれだけでテンションが上がってしまいます。

私たちはマリンアクティビティの他にも観光も楽しみたかったため、ビーチリゾートが立ち並ぶマクタン島ではなく橋を渡ったところにあるセブシティ側に宿泊しました。現地にに行くまではビーチリゾートのイメージが強かったセブ島でしたが観光してみてびっくり。想像していたよりも見どころがたくさんあるではないですか!

セブシティにある「マゼランクロス」。キリスト教の布教のためセブ島を訪れたマゼランが建立した十字架です。この木を削り飲むことにより万病に効くと言われ、長年にわたり十字架が削られ今では木のカバーがかけられていました。天井には美しいフレスコ画が。

マゼランクロスの隣にはフィリピン最古の教会「サント・ニーニョ教会」があり、マゼランから贈られた守護聖人サント・ニーニョ(幼少のイエスキリスト)が祀られています。こちらのサント・ニーニョ教会はフィリピン全土から参拝する人が絶えず行列を作っていました。

場所を移動し、アヤラモールへ。セブシティ内にはいくつかモールがありますがアヤラモールはITパークも近いため、とても都会的な雰囲気です。ここではフィリピン名物の色鮮やかなご当地デザート「ハロハロ」を食べてみました。ハロハロとはタガログ語で「まぜこぜ」という意味で、ガーッとかき混ぜて食べるのがフィリピン流です。ハロハロの内容はかき氷の上に紫いも(ウベ)のアイスやゼリー、豆やコーンフレークが乗っていることも。フィリピンやセブ島を訪れたら試してみてくださいね。

街を歩いていると、美味しそうな果物が並ぶフルーツスタンドも!残念ながらお腹がいっぱいで食べることができませんでした。

夜はお土産を選びに「SMモール」へ!ここで売られている「JOVY’S」のバナナチップスは絶対におすすめです。このバナナチップスの味はとても濃くちょっぴりしょっぱいのがまた甘さを引き出しており、とにかく食べだしたら止まらないうまさです。お土産に大量に購入して配りましたが全員から大好評!JOVY’Sのバナナチップスはフィリピン国内で生産されていてなかなか日本で手に入らないのが残念…だからこそフィリピンでたくさんゲットしてください!マクタン空港でも売っていますが値段がちょっと高かったです。SMモールでは山積みになっていました。見つけたら即買いが吉です。

セブシティではクラウンリージェンシーホテルの屋上にある「エッジコースター」、「スカイウォーク」を体験してきました。エッジコースターは2人乗りのコースターに乗りホテル38階の淵から身を乗り出しセブの景色を見る絶叫マシンです。遊園地じゃなくホテルの屋上にアトラクションがあるのが面白いですね。エッジコースターに乗ったら手元にレバーがあるので、思いっきり角度をつけて身を投げ出すように景色を楽しんでください。スカイウォークは38階の高さを透明なガラス張りの上を歩くだけ…なのですが眼下には車も走っていたりスリル満点!でも命綱があるのであまり怖くはありません。しかしどちらも高所が苦手な方は要注意ですよ!

セブシティを思う存分堪能したら、いよいよリゾートを楽しむことにしましょう!

セブシティからマクタン島へ!マリンスポーツ三昧でリフレッシュ

セブ島でのお楽しみ第2弾は海で遊ぶこと!今回は「アクアマリン・オーシャン・ツアーズ」さんを利用しました。

ホテルまで送迎がついているので本当に楽ちんです。マクタン島ではお約束のバナナボートとシーウォーカーを。シーウォーカーでは海中でたくさん写真を撮ってもらえました。

マクタン島でも遊べるのですが今回は海の透明度が抜群のナルスアン島に向かいました。

ナルスアン島で食べたマンゴーの美味しさは本物!

ランチではBBQを楽しみました。

「ファインディング・ニモ」の看板がなんとも可愛いです。

ナルスアン島の桟橋から海に入りシュノーケリングをしたのですが、魚の数にびっくり!とにかくたくさんいます。

思い切りカメラ目線の魚も

浜辺で遊ぶ子供たち。

アクアマリン・オーシャン・ツアーズ http://www.aquamarineoceantours.com/

フィリピン料理は日本人の口に合う?

セブで人気のファーストフード店「ジョリビー」

セブで人気のファーストフード店「ジョリビー」

 

イタリアンやフレンチはわりと食べる機会があってもフィリピンの料理はそうそう食べる機会がないのではないでしょうか?

しかしガイドブックなどで見るフィリピン料理はどれもおいしそうで食べるのを楽しみにしていました。

セブ島内には伝統的なフィリピン料理を食べられるお店がたくさんあり、日本人の口にもよく合うなと感じ帰国後インターネットでレシピを

探したほど。ちょっと甘くて酸っぱいフィリピン料理にすっかりはまってしまいました。

フィリピンを訪れたら、ローカル料理は食べていただきたいですね。特に日本の焼き鳥風サテ、白身魚のラプラプやレチョン(豚の丸焼き)が美味しいですよ!

食べ物も良し、リゾートも充実していながら都会的な雰囲気も感じられる、そんなセブ島に次のお休みを使って行ってみませんか?

Print

 

格安航空券バナー 「いいね!」.jpg 格安航空券バナー 「5名50%オフ」 格安航空券バナー 「1名無料」 格安航空券バナー 「タイムセールキャンペーン」-2.jpg 格安航空券バナー 「シークレットキャンペーン」.jpg 格安航空券バナー 「世界最安値保証」.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_20160406_130959